歯周病の予防方法

歯周病の予防は、規則正しい食事と休息、運動であるという専門医は
少なくありません。身体全体の免疫をこのように強化しておけば、
歯周病を予防することにもなるのです。赤ちゃんも歯周病になることが
ありますが、これは母乳をしっかり与えて栄養豊かな状態を保っていれば
大丈夫だと言われています。

こうした基本的なことに加えて、歯周病の原因になるような習慣を
改めることができます。まずは口腔内に歯垢を溜めないように
気をつけることです。食事はどんなものでも歯垢になり得ますが、
とくに気をつけるべきはお菓子類でしょう。とくに口の中にまとわりつく
ようなお菓子は、できれば避けておくのが無難です。またお菓子を
食べた後に牛乳やヨーグルトなどの乳製品を食べると、悪性細菌が
増殖しやすい環境が出来上がります。早めに口をゆすぎ、歯磨きをする
ようにしましょう。

歯磨きをするときは、やたらと強く磨いても意味がありません。
また、歯磨き粉をたくさん使えばいいというものでもありません。
虫歯予防の時も同じですが、歯ブラシの動きを細かくし、一本一本
丁寧に磨いていく必要があります。強く磨き過ぎると歯茎が傷つき、
それが炎症の原因になることもありますから気をつけましょう。

歯垢がしっかり落ちたかどうかを確認するために、時折歯垢染色液を
使うことができます。やってみるとほとんどの人が、意外ときちんと
できていないことに気づくようです。歯磨きとは歯垢をしっかり落とす
ためにするわけですから、試してみる価値はあるでしょう。

[PR]大手の自動車メーカーへ転職をする

当サイト人気コンテンツ

■ どんな原因がある?
■ どんな症状がある?
■ 予防方法は?
■ 治療方法は?
■ 治療後の注意点
■ 再生治療とは?

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2017 歯周病の治療と予防 総合情報. All Rights Reserved.