入れ歯と歯周病

入れ歯を使い始める多くの人が、入れ歯にすることを決意する直接の原因、
それは歯周病です。歯周病によって歯肉が壊死してしまうと歯を固定して
おくことができません。そのまま無理に自分の歯を使い続けると歯周病が
進む可能性もありますから、思い切って入れ歯にするのです。入れ歯に
すると歯茎はふさがれますから、歯の土台となっていた骨は隠れることになり
歯周病菌からは守られることになります。

多くの人は老化と共に歯が抜けて入れ歯になっていくと考えるかも
しれませんが、じつは違います。きちんと歯と口腔のメンテナンスが
できている人は、いつまでも自分の歯を使うことができるものです。
入れ歯になりたくないという人は、歯周病をきちんと予防することが
必要でしょう。

歯周病によってやむなく入れ歯にするという人もいますが、歯周病の治療
のために入れ歯にする人もいます。抜歯してしまうと歯垢が溜まる場所も
なくなりますし、悪性の細菌が広がっていくこともありません。それで、
一部だけが深く歯周病が進行している状態ならば、思い切って部分入れ歯
にするという選択肢もあります。

最近は入れ歯に代わるものとしてインプラントも有名になりました。
画期的な方法ではありますがインプラントは入れ歯と違い再び歯周病になる
可能性があります。入れ歯のように取り出してメンテナンスできないために、
やはり歯垢が溜まる可能性があるからです。二度と歯周病にならない
というのは、入れ歯がインプラントに勝る点と言えるでしょう。

当サイト人気コンテンツ

■ どんな原因がある?
■ どんな症状がある?
■ 予防方法は?
■ 治療方法は?
■ 治療後の注意点
■ 再生治療とは?

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2017 歯周病の治療と予防 総合情報. All Rights Reserved.